スポンサーサイト

関連リンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
「ワンピースvs.ビキニ」太って見えるNG水着はどっち?
Entry: main  << >>
「ワンピースvs.ビキニ」太って見えるNG水着はどっち?

関連リンク

 太っている体型を見せたくはないばっかりに水着になることを拒み、もう何年もビーチに出かけていない女性も多々いらっしゃいますよね。

それはそれで楽しい機会を逃していることはもったいないですが、もっともったいないのは、自ら選び好んで着ている水着がまさかのデブ水着、つまりは太って見える水着ということではないでしょうか。

ついついぽっちゃり体型を隠したいばかりに着用している水着は、“ワンピース”タイプが多く見られますよね。

そこでこのワンピースタイプの水着が、果たして本当に着やせして見える水着なのか、数々の体型カバーファッションを提供してきた筆者が解明いたします。


■着やせ勝利はまさかのビキニ

お腹のぽっこりを隠したいばかりに、ついついお腹がかくれるワンピースタイプを選びがちだと思いますが、実はビキニの方がすっきり着やせして見せる効果があります。

なぜかというと、ビキニは水着と素肌の色の分断がワンピースよりも細かいため、目の錯覚を利用して細く見えるのです。この錯覚効果のことを“分割錯視”といいます。


■ワンピース水着がより太って見えるワケ

ワンピースタイプの水着を選ぶ際、お腹を隠すことだけでなくなんとなく脚も隠したいと思っていませんか。

その水着はきっと昔流行した“ハイレグ”とは程遠い脚ぐりの部分、つまりVラインが傾斜が緩やかなものではないでしょうか。

実はこのVラインの傾斜角度が、より太って見える原因なのです。

目の錯覚を利用することでVラインの傾斜角度を小さく、急傾斜にすることで脚が長く見えるようになります。この錯覚のことを“ミュラーリヤー錯視”といいます。


■着やせ水着を選ぶポイントは?

そんなあらゆる目の錯覚を利用して、今年の夏ならではの着やせ最強ビキニを選ぶポイントを押さえておけば、この夏を制したも同然です。

セレクトポイントは、ブラのストラップが細いものやショーツに細めのサイドリボンがあしらわれているものを選ぶことです


骨っぽさが出る腰骨や鎖骨に水着の華奢な部分を重ねることで、体の細見え効果がありますよ


寒色系や黒など、引き締め効果が高い色を選ぶことも必須ですね。
| concool-1 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサーサイト

関連リンク

| スポンサードリンク | 23:35 | - | - | pookmark |

関連リンク

| | | | | pookmark |
Comment








Trackback

Entry

Sponsored Links

Search

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode